標準

設計をする前に。

ロボカップジュニア参加者の皆さん、そうでない皆さんもこんばんは。
ジャパンオープン、お疲れ様でした。
悔しかった人も、モチベーションになった人も、悔いが残った人もそれぞれかと思います。

僕はこれまでのロボカップジュニアには悔いしかありません。

初出場は2010年でした。
近くのロボット教室に通い始め、LEGO Mindstorms NXTでロボットを作っていました。

2011年、2年目ながらに2輪のマシンでLightWeightLeagueで全国6位になりました。

この大会で最後に決勝トーナメントで当たったのが
四国の大先輩 Reverseさんでした。

この頃からやっと、勝ちたい!という感情が芽生え始めました。

2012、特に大きな記録も残せず。

2013、北九州オープンに参加し、結果を残し
絶好調で迎えた多摩川学園でのジャパンオープン
2試合目のキックオフ時にMDから煙、故障退場しました。

交流戦では、なんとか復活を果たしましたが、
ロボットがコート内にいない悔しさを思い知りました。

2014からはいつもM Robotsさんと2チームでの対戦でした。
無力だった僕にとっては、大変恐れ多くありがたいものでしたが
同時になかなか心苦しい面もありました。
ハーフで45点取られるなど、とても試合とは呼べないものばかりでした。

この場を借りて、MRobotsの政岡さんと平井さんにはお詫びとお礼を申し上げます。

そして2015初めてのArduino
自ら選んだ選択だったとはいえ、NXTの呪縛から逃れ、
自由なハードが作れるようになりました。

とはいえアウトオブバウンズ対策は、僕には到底難しいものでした。

瀬戸内オープン@香川では HAKUTOさんや MRobotsさんとたくさん、やっと試合と呼べる
試合をさせていただき、すごく励みになるシーズンでした。

2016 Arduino2年目

ここまでNXTに固執してきたことがアダとなり
ハードウェア、ソフトウェア両面で苦しむシーズンでした。
受験生であったことも相まって
前年からの課題だったアウトオブバウンズはこの年も攻略できず
MRobotsさんとの試合は、まだ恥ずかしいものでした。

2017

この年、高専に入学しました。
そんな中ロボ研に入り、3DCADという存在を知ります。
Fusion360にも出会い、設計を続けるうちに藤村さんに見つけていただき
僕のロボカップ人生は、転機を迎えようとしていました。

設計、製作の精度は激変、自分の作ったロボットではないような
「納得のいく」ロボットが仕上がってきました。

寝る時間を惜しみ、勉強の合間にロボットをするような生活が続きます。

大会が1、2週間ほどに近づいた頃、僕は
「そういえば、床質(カーペットの種類)ってどうなるのかな?」と思い
運営の一人に確認を取りました。
「今はフェルトカーペットですが、最近のジャパンはタイルです、近づけといてもいいですよね」
すると、「その通りだね、オープンだけでも変えようか?」
とおっしゃられ、コートはタイルカーペットになりました。

僕は試合前日、唖然とします。
カーペットが全てフェルトカーペットでした。
RCJ参加者の方ならわかると思いますが
カーペットによって、速いマシンのサイドホイールに必要になるグリップは
全くもって異なります。

ここで、ブロックの技術委員の方に問いました。

「僕は運営さんにカーペットの材質がタイルであると確認したのですが…」

すると「そんなことは関係ない、みんな同じ条件なんだ。
対応できないマシンを作るのが悪い。」
とおっしゃられました。正論かもしれませんね。

ただ、事実を確認しに行って、信用した人間がばかをみるのは正解なんでしょうか。

別に私はカーペットについて、隠す気も、出し抜くき気持ちも一切ありませんでした。

だから、少し声を荒らげてしまいました。この点についてはお詫び申し上げます。

あとで、運営側の方に話を聞くと、
コート数の見積もりを僕に話をする際に誤って認識していて
タイルが足りなかったようです。
これはどうしようもないですね。
ただわざわざ確認した事項からの変更があったことの
連絡は僕には一切ありませんでした。

諦めた僕は、
帰りにホームセンタを5店舗めぐり
ゴムワッシャを買い集め家に帰り
サイドホイールを削り直します。

ただ、切削中にCNCに不具合が発生
換装は不可になりました。

それでも対処しようと
ソフトを徹夜で修正し、なんとか最善を尽くしました。

しかし今度は僕の体力がつき、動けなくなりました。

布団から僕は相方に泣いて謝り
「棄権」という選択をしました。

これまでの集大成。

一戦もせずです。悔しかった。

しかし、僕はその時事業を立ち上げようとしていたため、
気持ちを切り替えるために、ロボカップから距離をおいていました。

そんな中、ある方からメッセージが届きました。

 

 

さすがに、もう僕のいるべき場所じゃないと思いました。RCJJ

そこから1年間、僕は事業に集中してきました。

 

 

だけど、心にしこりが残ったままなんです。

そして、同じ思いをする子がいないよう

そして、どんな指摘もはねのけれるような完璧なマシンを作りたい。

 

作り終わったマシンは香川ノードの子供達の練習相手にする予定です。

 

 

僕は、もらうだけもらって逃げたりしたくないんで。

次の世代に渡します。

 

この投稿にどうぞ誹謗中傷書いてください。

ボロッカス言ってもいいですよ。

 

 

それが何かを産むならば。次の世代に。

 

 

 

最後に、突如消えた僕を優しく受け入れてくれた関係者のみなさん、

選手の皆さん、本当にありがとうございます。

 

ロボカップに出なくなってからは運営のお手伝いもさせていただければと思います。

 

 

 

 

出会いに感謝。ちょっとだけ強くなりました。

CTO ?

標準

まもなく会社を立ち上げて1年が経とうとしています。

そんななか、自分だけで完結するタスクもなかなか少なくなって来ました。

そこで、当社では現在 CTOのポストを設置することを検討中です。

また、最初に宣言しておきなが開発が停滞していSHIPPO
の開発活動にもテコ入れできると期待しています。

実はもうお声かけはしているので、お返事を楽しみに待っています。

笑えるほどにボロボロだった

標準

今日は四国アライアンス主催のビジネスコンペに参加しました。

eとぴあかがわに行けなかったのはこれがあったからです。

もちろん優勝を狙って行ったわけですが

僕のプレゼンの練り上げが不十分であったため

審査員の方々に、「何をする事業なのか」さえ

伝わりませんでした。

コンペである種、「すべった時」ってすごい恥ずかしいんですね。

早く家に帰りたーい!ってなってしまいますがそんな勝手はできないのでw

自分の事業の複雑さが仇になってしまったと思っていますので

もっと単純な言葉で伝えられるように努力したいと思います。