笑えるほどにボロボロだった

標準

今日は四国アライアンス主催のビジネスコンペに参加しました。

eとぴあかがわに行けなかったのはこれがあったからです。

もちろん優勝を狙って行ったわけですが

僕のプレゼンの練り上げが不十分であったため

審査員の方々に、「何をする事業なのか」さえ

伝わりませんでした。

コンペである種、「すべった時」ってすごい恥ずかしいんですね。

早く家に帰りたーい!ってなってしまいますがそんな勝手はできないのでw

自分の事業の複雑さが仇になってしまったと思っていますので

もっと単純な言葉で伝えられるように努力したいと思います。

コメントを残す